ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 「金川牛」が福岡県肉畜共進会にて金賞を受賞!

本文

「金川牛」が福岡県肉畜共進会にて金賞を受賞!

更新日:2019年10月17日更新 印刷

国産牛の部で最高評価

 令和元年10月3日にJA全農ミートフーズ株式会社九州支社(太宰府市)で開催された第55回福岡県肉畜共進会国産牛の部において、JAたがわの武田英文氏(田川市)が出品した「金川(かながわ)牛」が最高位である金賞を受賞しました。
 本共進会は県内生産者が肉用牛および肉用豚の肉質向上を図り、経営の改善につなげることを目的に毎年開催されています。今年度は「和牛の部」に61点、「国産牛の部」に19点、「肉豚の部」に24セット(4頭1セット)が出品され、管内からは国産牛の部に4点、肉豚の部に2セットが出品されました。
 審査は、脂肪交雑(霜降り具合)、肉色等による格付け、ロースの面積、バラの厚さ等について行われ、受賞した武田氏の枝肉はいずれの項目においても高い評価を受けました。武田氏は田川市の地域ブランド「金川牛」の生産者であり、同共進会で過去4度の金賞を受賞しています。今回の受賞は、安定した高い飼養管理技術に支えられた「金川牛」の質の高さが評価された結果となりました。

 また、肉豚の部では(ふな)(はら)務氏(赤村)が銀賞を受賞され、こちらも飼養管理技術の高さが評価された結果となりました。
 普及指導センターは、今後も田川地域の肉用牛および肉用豚の飼養管理技術の向上を図り、ブランド評価の向上を支援します。

受賞した武田氏(向かって左)とJAたがわ担当係長
受賞した枝肉

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。