ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 障がい福祉 > 障がい福祉情報 > 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金~障がい福祉サービス等分のご案内~
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 障がい福祉 > 障がい福祉サービス事業所 > 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金~障がい福祉サービス等分のご案内~

本文

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金~障がい福祉サービス等分のご案内~

更新日:2020年12月23日更新 印刷

新型コロナウイルス感染症対策を行う障がい福祉サービス等に対する支援及び施設・事業所等に勤務する職員に対する慰労金を支給します

 障がい福祉サービス施設・事業所等が新型コロナ感染症対策を徹底するための取組等を支援します。

 また、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めながら障がい福祉サービスを提供している皆様に慰労金を給付します。

 ○事業の概要、申請方法などはパンフレットをご確認ください 

  →新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障がい福祉サービス等分)のご案内 [PDFファイル/1.69MB]

 〇サービス種類によって補助上限額が異なりますので、下記の補助基準額を確認してください。

    (別添)補助基準額 [PDFファイル/173KB]

※通所系サービス事業所で多機能型事業所として複数サービスの指定を受けている場合は、利用者がいるいずれかのサービスに係る基準単価を用いてください。


 問い合わせについて


 チラシ及び下記のQ&Aをご覧いただいた上で、なお不明な点があればお問い合わせください。

 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金に関するQ&A(福岡県・障がい分)= 8.4更新= [PDFファイル/595KB]


1 支援の内容

(1)感染症対策を徹底した上でサービスを提供するために必要な経費を支援します

 ■対象事業所

  令和2年4月1日以降に感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費が発生した施設・事 業所

 ■対象経費   

 ・感染症対策に要する物品購入

 ・外部専門家等による研修実施

 ・感染発生時対応・衛生用品保管などに使える多機能型簡易居室の設置 など

 ■上限額

  サービス毎に設定(上記補助基準額を確認してください)

(2)サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備を支援します

 在宅サービス事業所等による利用者への再開支援への助成

 ■対象事業所

  令和2年4月1日以降にサービス利用休止中の利用者へ利用再開のための支援を行った相談支援事業所、在宅サービス事業所

 ■上限額

  1利用者当たり 1,500円~2,500円(上記補助基準額を確認してください)

 在宅サービス事業所等における環境整備への助成

 ■対象事業所

  令和2年4月1日以降に感染防止のための環境整備を行った相談支援事業所、在宅サービス事業所

 ■上限額

  20万円

(3)職員に皆さまに慰労金を支給します

 職員への迅速な給付を行うため、慰労金については、できる限り令和2年12月末までに御申請ください。

 ■対象者

  令和2年2月20日から6月30日までに障がい福祉サービス等に通算10日以上勤務し、利用者と接する職員

 ■一人当たりの支給額

  20万円 または 5万円

 

 ※複数の事業所で勤務した場合は、勤務日数を合算して計算します。

 ※慰労金の支給対象となる障がい福祉サービス等には、以下の地域生活支援事業を実施する事業所も含みます。

    地域活動支援センター、日中一次支援、盲人ホーム、福祉ホーム、移動支援事業、訪問入浴サービス

    障がい者相談支援事業、基幹相談支援、盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業

 

○事業者等が慰労金の申請を行う場合、必ず対象者本人から代理受領委任状を受け取ってください。

 代理受領委任状(例) [Wordファイル/17KB]

2 申請書様式・申請方法

(1)障がい福祉サービス等報酬の請求を国民健康保険団体連合会に対して行っている事業所等

慰労金申請時の留意事項(国保連申請)[PDFファイル/444KB]

申請書様式(国保連申請) [Excelファイル/87KB]

   ※様式の自動計算がうまく反映されない箇所があったため、7月30日時点で様式の一部が改善されています。


  ◎7月申請受付で、多くのエラー、支払い不可が発生しております。    

   必ず下記の留意点について、事前に確認して作成してください。

 申請書記載に当たっての留意点 [PDFファイル/3.58MB]

申請書は、福岡県国民健康保険団体連合会の「電子請求受付システム」を活用したオンライン申請により提出します。

  毎月15日(7月は21日)から月末までが受付期間です。

  ※介護等給付費の報酬提出時期と重ならないようにするため、御協力をお願いします。

(2)国民健康保険団体連合会の登録口座が債権譲渡されている事業所及び地域生活支援事業所等

慰労金申請時の留意事項(県直接申請)[PDFファイル/528KB] 

申請書様式(債権譲渡・地域生活支援事業所等県直接申請) [Excelファイル/96KB]

申請書は、福岡県障がい福祉課障がい福祉サービス指導室に提出します。 (メール及び郵送)
その他、事業所が廃業し、事業所等による対応が困難な方の慰労金の申請は下記をご確認ください。

個人申請時の留意事項 [PDFファイル/387KB]

申請書様式(事業所が廃業し、事業所等による対応が困難な方の慰労金申請) [Excelファイル/30KB]

県補助金交付要綱

福岡県障がい福祉サービス等新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業費補助金交付要綱 [PDFファイル/459KB]

 

3 実績報告書様式・提出方法について

(1)提出期限

  事業完了後1か月を経過する日又は令和3年4月10日のいずれか早い日

(注1)提出期限内に実績報告書を提出しない場合、交付金の返還を求めることもありますので、交付金を受領した事業者は必ず提出してください。

 

(2)提出先

 


  〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7

  福岡県障がい福祉課障がい福祉サービス指導室

  ※「緊急包括支援金実績報告書(障がい分)在中」と朱書きで記載


 

 

(3)提出書類

実績報告書(様式) [Excelファイル/88KB]

※作成の際は、備考欄を確認してください。

委託業者より、提出いただいた書類の不足等が多々あると連絡があっております。

  留意事項をまとめましたので、作成前に必ず一読の上、作成してください。

  実績報告書作成の留意事項 [PDFファイル/1.26MB]

提出書類

様式

備考

(1)

実績報告書チェックリスト

・実績報告書と合わせて提出してください。

(2)

令和2年度新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障がい分)に係る実績報告書

様式第4号

・法人単位で提出してください。

・(3)精算額調書(様式1)を作成すると自動計算されます。

(3)

精算額調書(事業所・サービス別)

様式1

・事業所・サービス別で作成してください。

・複数サービスがある場合は、シ

ートをコピーしてください。

・支援金は、令和2年4月1日~令和3年3月31日の期間内に納品・完成したものが対象となります。

・経費の領収書等については、対象期間内のものを提出してください。

(4)

事業所明細表(事業所・サービス別)

様式2

(5)

障がい福祉慰労金受給職員表(法人単位)

様式3

・法人単位で作成してください。

・交付申請時の職員表に支払い実績欄を入力してください。

・給付対象者を実績報告時に変更することはできません。申請漏れで追加等がある場合は、改めて申請してください。

(6)

役員名簿

別紙

・法人単位で作成してください。

(7)

<慰労金>

慰労金受領簿、領収書、振込一覧表など慰労金を支給したことが分かる書類及び振込手数料が分かる書類

任意

・(5) 障がい福祉慰労金受給職員 

 表(様式3)の支払い実績に記載された職員分の支給が分かる書類を提出してください。

(8)

<支援金>

領収書、レシート等などの支出証拠書類の写し

任意

・(4)事業明細表(様式2)の支出証拠書類No.と突合できるように領収書等にNo.を記載してください。

・同一レシート内に対象外経費が含まれている等の場合は、対象経費となるものにマーカーで着色するなど、分かるように整理してください。

・原本は、必ず各事業所で保管してください。

(9)

<支援金(多機能型簡易居室)>

完成写真

任意

・外観、内装等の写真を複数枚提 

 出してください。

(4) 留意事項

(1) 支援金の経費について、交付申請時に記載した所要額及び用途・品目・数量などから一部変更になった場合でも、新型コロナウイルス感染症対策のかかりまし経費として認められる範囲内であれば、実績報告書において整理してください。

(2) 実績報告で精算した結果、交付された額に余剰が出た場合は、後日県から返納納付書を送付しますので、銀行振替等で返還をお願いいたします。

なお、支援金に余剰が生じる見込みがある場合、令和3年3月31日までに備蓄用のマスク、手指消毒用アルコールなど、今後も使用することが考えられる物品等を追加購入する対応も可能です。

 

 


  お問い合わせ先


 

お問い合わせ内容 担当部署 電話番号 受付時間
制度に関すること  

厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金に関する電話問い合わせ窓口

03-5253-1111

(内線7096、7097)

9時30分~18時00分  (土日祝日を除く )  

※7月までを予定

申請内容等に関すること 福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口

092-643-3599

 

9時00分~18時00分  (土日祝日を除く )

オンライン申請システムのユーザID・パスワードに関すること

福岡県国民保険団体連合会 介護保険課 092-642-7813  
オンライン申請システムの操作方法に関すること 介護電子請求ヘルプデスク 0570-059-403  

 

   
  

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)