ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 都市計画道路境口頓野線(勘六橋)事業

本文

都市計画道路境口頓野線(勘六橋)事業

更新日:2020年4月10日更新 印刷

都市計画道路境口頓野線(勘六橋)事業 

事業箇所

箇所図

事業の概要

○都市計画道路境口頓野線は、国道200号直方バイパスから直方市の中心市街地南部とを連絡し、さらに、県道福岡直方線を経由して福岡方面への広域交通を担う重要な路線であり、一方で周辺には小学校や官公庁、大型商業施設などが立地しており、地域の生活交通を支える役割を併せ持つ道路です。
本事業において、老朽化した勘六橋(昭和9年竣工)の架替えに合わせて、周辺の道路整備を行い交通混雑の緩和や歩行者・自転車の安全性確保など、交通環境の改善を図るとともに、市中心部へのアクセス向上、地域の活性化を促すものです。

事業着手前の状況

事業以前の勘六橋
歩道利用状況(勘六橋)
混雑状況(勘六橋)

事業計画諸元

現在の勘六橋の断面(暫定供用)
将来の完成断面

取り組み状況

現在の状況(平成30年3月撮影)

 

現況写真現況の写真

現在の状況(平成30年3月撮影)

現況写真

平成28年11月4日に勘六橋が開通し(開通のお知らせ)、車道2車線と遠賀川下流側の歩道が通行可能となりました。最終的には車道2車線と右折レーン、両側歩道となる予定です。(平成30年度末完成予定)

現在、遠賀川上流側の橋面舗装(歩道)及び取付護岸の工事中です。

平成30年3月現在

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。