ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 補助事業・制度資金 > 償還の猶予を行った際に発生する利子を補給をします

本文

償還の猶予を行った際に発生する利子を補給をします

更新日:2021年10月7日更新 印刷

既往債務の償還猶予により発生する利子の補給について

 福岡県では、度重なる災害により県内農業者の資金繰りが困難になっている状況です。

 そこで、農業経営の負担軽減を図るために、被災農業者が既往債務について償還の猶予を行った際に発生する利子が低利となるよう、県が利子補給を行います。

1.概要

 被災農業者が既往債務について償還猶予を行った際に発生する利子を補給

2.利子補給対象者

下記の(1)、(2)の要件を満たす農業者

 (1)下記の災害により令和元年から令和3年の3年連続で被災(市町村長の被災証明を受けること)

  • 令和元年7月大雨、令和元年8月大雨又は令和元年台風10号
  • 令和2年7月豪雨又は令和2年台風10号
  • 令和3年8月大雨

 (2)収入保険等に加入すること  ※収入保険について、県では保険料を一部補助しています。

3.対象資金

 令和3年8月11日から令和4年10月31日までに償還猶予を開始した下記の資金

 ・農業制度資金

 ・民間融資機関の農業関係資金  (農業資金として農業信用基金協会から保証を受けている資金に限る)

4.償還猶予受付期間

 利子補給の対象となる償還猶予の受付期間:令和3年10月頃~令和4年10月31日

5.利子補給対象期間

 償還猶予開始から最大1年間

6.利子補給率

 最大2.0% (県及び市町村負担分合計)

(%)
資金区分 基準金利 ※1 利子補給率

貸付金利

※4

上乗せ分
市町村
農業制度資金

各制度資金の

基準金利(a)

※2

県の通常の

利子補給率(b)

※3

(a-b)×1/2 (a-b)×1/2 0

農協等

独自資金

各農協等資金

の金利(c)

(2.0%以下の場合)

c×1/2 c×1/4 c×1/4 0

各農協等資金

の金利(d)

(2.0%超える場合)

1.0 0.5 0.5 d-2.0

※1 基準金利とは、県又はその他の機関が利子補給等を行う前の貸付金利をいう。

※2 償還猶予以前の基準金利が2.0%を超えている農業制度資金については、特例措置として上限を2.0%から 現行の基準金利まで引き上げる。

※3 県の通常の利子補給率とは、農業制度資金において県から既に利子補給を受けている補給率をいう。

※4 農業者が実際に支払う金利。

※5 既に県以外からの利子補給を受けている場合は、それらの利子補給率を除いた率について県と市町村で上乗せ利子補給を行う。

7.留意点

 当事業の活用を希望される場合は、既往債務について、農業者と各融資機関等の間で償還猶予の手続きが別途必要となりますのでご留意下さい。

8.お問い合わせ

 ご不明な点等ございましたら当課にお問い合わせください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。