ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 下関北九州道路の早期実現に係る中央要望を行いました

本文

下関北九州道路の早期実現に係る中央要望を行いました

更新日:2019年9月6日更新 印刷

 9月6日、小川知事は山口県知事や中尾北九州下関道路整備促進福岡県議会議員連盟会長などと、下関北九州道路の早期実現に向け、国土交通省などに対し、要望を行いました。
 知事は、自動車産業など北部九州と山口の結びつきに触れながら、今回3年連続豪雨災害に見舞われ、ますますこの道路の早期整備の要望が高まっている状況を説明し、国の調査を迅速かつ着実に行うように要望しました。
 要望後の記者からの取材に対して、知事は「我々の今までの取り組みの成果や地域の実態を基にして調査に協力し、国と地域をあげて大きく前進をしていきたい」と話しました。


【参加者】
村岡嗣政 山口県知事(下関北九州道路 整備促進期成同盟会会長)、小川洋 福岡県知事(同会副会長)、北橋健治 北九州市長(同会副会長)、前田晋太郎 下関市長(同会副会長)、中尾正幸 北九州下関道路整備促進福岡県議会議員連盟会長 ほか

山田技監への要望の様子

(写真)山田邦博 国土交通省技監への要望活動の様子

石井大臣への要望の様子

(写真)石井啓一 国土交通大臣への要望活動の様子

自民党への要望の様子

(写真)林幹雄 自由民主党幹事長代理への要望活動の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)