ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 鳥獣被害対策 > 令和2年度九州シカ広域一斉捕獲を実施します

本文

令和2年度九州シカ広域一斉捕獲を実施します

更新日:2020年9月1日更新 印刷

九州シカ広域一斉捕獲の実施について

 福岡県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の県境山地に生息するシカの一斉捕獲を実施します。

 福岡県では大分県境地域におけるシカの生息密度が高く、農林産物被害が発生しています。また、食害により森林の生態系に悪影響をもたらしております。

 このため、関係する県、市町村及び九州森林管理局が連携し、県境を越えて捕獲に取り組むことで、被害の軽減を図ります。

1 一斉捕獲期間

(秋季)令和2年9月13日(日曜日)から9月27日(日曜日)

(春季)令和3年3月21日(日曜日)から3月28日(日曜日)

2 対象市町村

 九州内52市町村で実施します。

 福岡県内ではうきは市、朝倉市、東峰村、添田町、川崎町、赤村、八女市、行橋市、豊前市、みやこ町、上毛町、築上町、計12市町村で実施します。詳細な実施区域については各市町村にお問い合わせください。

3 注意事項

 安全には十分に配慮して実施しますが、一斉捕獲期間中に登山等で県境付近の林野へ入山される場合はご注意ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。