ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 防災情報 > 自助行動啓発冊子 風水害から自らの命を守るために

本文

自助行動啓発冊子 風水害から自らの命を守るために

更新日:2019年7月5日更新 印刷

 福岡県では、古くから大雨や台風による河川氾濫や土砂災害などが多く発生しており、最近では平成29年7月九州北部豪雨や平成30年7月豪雨が発生しています。

 このパンフレットでは、住民のみなさんが災害時に自助行動、すなわち「自分の命は、自分で守る」ための行動をとれるように、災害発生のメカニズムや前兆現象を詳しく解説しています。また、防災情報の取得方法についても記載しています。

 

自助行動啓発パンフレット <地域住民の方向け> 

※このパンフレットは、県庁や各県土整備事務所にて配布しています。

 

<お知らせ>

2019年6月より、市町村が発表する避難情報や、気象庁が発表する気象情報などが、5段階の警戒レベルで発表されることになりました。

日ごろから、避難情報や気象情報、防災情報をご確認いただき、早めの避難をお願いします!

 警戒レベルに関するチラシ [PDFファイル/8.12MB]

詳しいことは

 内閣府 防災情報ホームページ(新しいウインドウで開きます)

 

自助行動啓発マニュアル <市町村職員・自主防災組織の方向け> 平成29年6月版

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)