ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > こころの健康 > 令和4年度 精神保健福祉講座(オンライン)のご案内
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習・社会教育 > 生涯学習 > 令和4年度 精神保健福祉講座(オンライン)のご案内

本文

令和4年度 精神保健福祉講座(オンライン)のご案内

更新日:2022年6月17日更新 印刷

多様化するSOS ~思春期から成人期を伴走する~

思春期は身体の成長に心の成熟が伴わないことで、精神的不調が生じやすい時期です。
思春期の精神面の健康は、その後の長い人生に大きく影響を及ぼします。
近年多くの若者が、不登校・ひきこもり、自傷行為、発達障がい、ゲーム・スマホ依存に苦しんでいます。
ご家族やご友人、勤務先でこのような悩みを持った方はいらっしゃいませんか。
関わり方に悩むことはありませんか。
今回の講座では、思春期から青年期のメンタルヘルスの第一人者である4名の講師をお招きし、当事者の理解や支援の方法について話を伺うこととしました。ぜひこの講座で理解を深めていただけたらと思います。

内容 

ライブ配信の当日に受講ができない方でも、オンデマンド配信で8/8(月)以降に1か月間、好きな時に何度でも視聴可能です。

 

■ 8月3日(水) ライブ配信1日目 ■

[講演1] 

聞こえますか?子どもの心の声が。~不登校の子どもの理解とその対応~

西南学院大学 人間科学部 心理学科 教授 浦田 英範 先生

 

[講演2] 

若者の自傷

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所薬物依存研究部 部長(兼)薬物依存症センター センター長 松本 俊彦 先生

 

■ 8月4日(木) ライブ配信2日目 ■

[講演3] 

発達障がいの理解と支援 ~日常に寄り添う支援~

長崎大学大学院 生命医科学域保健学系教授 子どもの心の医療・教育センター副センター長 岩永 竜一郎 先生

 

[講演4] 

ゲーム依存・スマホ依存の理解と支援

国立病院機構 久里浜医療センター 医師 西村 光太郎 先生

開催日時・開催方法

■ライブ配信■  Zoomを使用
  令和4年月8月3日(水)・4日(木) 10時~15時30分  (質疑応答あり。)

■オンデマンド配信■  YouTubeを使用
  令和4年8月8日(月)から1か月程度  (ライブ配信の録画です。)

  •  上記のいずれかの方法で受講 又は 両方の受講も可能です。
  •  受講に必要な端末やアプリ、インターネット環境等は、ご自身でご準備ください。
  •  いずれの場合も、事前申し込みをした方のみ視聴することができます。 

 

申し込み方法

ページ下部の「資料(1) 令和4年度精神保健福祉講座のご案内[pdf]」をダウンロードし、「受講方法」に従って、QRコード又はURLから申し込みをしてください。

受講料

3000円

精神保健福祉協会の会員は無料。

本年度、精神保健福祉協会へ入会する方は、年会費2000円で受講可能です。

申込締め切り

令和4年7月21日(木)

受講料・精神保健福祉協会の年会費の振り込みも、上記が締切日です。

この日以降に受講申し込みをする方は、直接、福岡県精神保健福祉協会事務局(092-584-8720)へご連絡ください。

資料 (随時更新)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)