ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 被災者支援 > 平成30年7月豪雨災害に対して被災者生活再建支援法を適用しました

本文

平成30年7月豪雨災害に対して被災者生活再建支援法を適用しました

更新日:2018年8月10日更新 印刷

平成30年7月豪雨災害により、住家に多数の被害が生じたことから、被災者生活再建支援法の適用を決定しました。

1 法適用日

平成30年7月5日

 

2 適用市町村

北九州市、久留米市、飯塚市、嘉麻市

3 支援の内容<支援金の支給> 

住宅が全壊した世帯、大規模半壊した世帯に対し、(1)被害程度に応じた基礎支援金及び(2)再建方法に応じた加算支援金が支給される。(ただし、単身世帯は3/4)

(1)基礎支援金(住宅の被害程度に応じた支給)

  • 全壊又は解体 100万円
  • 大規模半壊   50万円

(2)加算支援金(住宅の再建方法に応じて(1)に加算)

  • 建設、購入 200万円
  • 補修  100万円
  • 賃借   50万円

4 申請の受付

 申請の受付については、市町村からお知らせします。

5 県被災者生活再建支援金について

 法が適用された市町村以外で被災された世帯に対しては、県独自制度により被災者生活再建支援法における支援と同一の内容の支援を行います。

 なお、申請の受付については、市町村からお知らせします。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。