ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > その他社会福祉 > 地域福祉 > 7月は「再犯防止啓発月間」です!

本文

7月は「再犯防止啓発月間」です!

更新日:2020年7月1日更新 印刷

再犯防止に関する取組みの推進に、御理解と御協力をお願いします!

 再犯防止に関する取組みは、これまで、国の刑事司法関係機関を中心に行われてきましたが、犯罪や非行をした人の中には、地域社会で生活する上で、様々な困難や課題を抱えている人が少なくありません。

 このような状況を踏まえ、福岡県では、平成31年3月、「福岡県再犯防止推進計画」を策定し、『犯罪や非行をした人が、社会において孤立することなく、再び社会を構成する一員となることを支援することにより、再犯を防止し、円滑に社会に復帰できるようにするとともに、このような取組みを通じて、誰もが安全で安心して暮らせる社会の実現』を目指して、各部局が連携し、民間の支援団体や関係機関等と連携した取り組みを推進しています。

  ◇福岡県再犯防止推進計画

 罪を犯した人が、犯罪や非行を繰り返すことなく、再び社会を構成する一員となるよう指導・支援することは、地域の安全・安心な暮らしにつながります。
  皆様の御理解と御協力をお願いします。

「再犯防止啓発月間」について

 上記のような活動をすすめるには、再犯の防止等に関する活動を行う民間の団体の存在や活動について、地域住民のみなさんや関係機関・団体等に理解を深めていただくことが大切です。

 平成28年12月に公布・施行された「再犯の防止等の推進に関する法律」(再犯防止推進法)第6条には、国民の間に広く再犯の防止等についての関心と理解を深めるため、7月を再犯防止啓発月間とする旨が定められています。

 法務省では、ふだんの生活では触れる機会の少ない「再犯防止」というテーマについて、御関心を持っていただけるよう、PRイベントや情報発信を積極的に行っています。

  ◇法務省再犯防止啓発月間ホームページ

 福岡県内でも日頃から活躍されている、保護司などの更生保護ボランティアと呼ばれる様々な方々が日頃から活躍されています。

 この機会に、ぜひ更生保護について関心を持っ ていただき、活動へのご理解とご協力をお願いします。

 ◇更生保護を支える人々(法務省ホームページ)

「福岡県立ち直りサポートセンター」の紹介

 「福岡県再犯防止推進計画」の具体的な取組みとして、令和元年9月、国の刑事司法関係機関(福岡地方検察庁、福岡矯正管区、福岡保護観察所等)、支援団体・関係機関等と連携し、起訴猶予者や執行猶予者等のうち、高齢、障がいなどにより、福祉的支援(医療的支援を含む)が必要であり、かつ、支援を行うことが適当と認められる人について、地域生活を送るための支援(いわゆる「入口支援」)等、再犯防止に向けた取組みを実施する「福岡県立ち直りサポートセンター」を開設しました。

  ◇「福岡県立ち直りサポートセンター」開設のお知らせ(令和元年9月7日)

 高齢者、障がい者等に加え、福岡県独自の取組みとして、薬物事犯者、性犯罪加害者を含めた幅広い対象者を支援しています。

 コーディネータ(常勤センター長1名、補助スタッフ1名)を配置し、福祉的支援が必要な起訴猶予者等に係る個別支援計画を作成し、就労の確保、住居の確保等の支援を実施しています。

 国、市町村、再犯の防止等に関する活動を行う民間の団体やその他の関係者と連携協力し、少しずつですが、成果が出始めています。

※ 令和元年度~2年度は、入口支援の体制・手法を確立するため、法務省の「地域再犯防止推進モデル事業」を活用し、試行的に支援に取り組むとともに、支援対象者の区分ごとの支援マニュアルを作成します。

再犯防止バナー

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。