ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 公共交通(鉄道・バスなど) > 平成筑豊鉄道「令和コスタ行橋駅」の開業記念式典に出席しました

本文

平成筑豊鉄道「令和コスタ行橋駅」の開業記念式典に出席しました

更新日:2019年8月26日更新 印刷

 8月24日、平成筑豊鉄道の新駅「令和コスタ行橋駅」の開業式典が開催されました。

 新駅のデザインは、今年3月に平成筑豊鉄道が運行を開始した観光列車「ことこと列車」と同じく、水戸岡鋭治氏によるもので、ホームや待合室、出入り口スロープには「筑豊杉」や「京築ヒノキ」といった県産材がふんだんに使われています。

 小川知事は、「平成筑豊鉄道が地域の皆さまに親しまれ、愛され、多くの皆さまに利用されますよう、努力を続けていきます」とあいさつしました。

 その後、鏡開きや出発式が行われ、知事は関係者と共に「令和コスタ行橋駅」を出発する「ことこと列車」を見送りました。

あいさつをする知事

(写真)あいさつをする知事

鏡開きの様子

(写真)鏡開きの様子

出発式の様子

(写真)令和コスタ行橋駅でのことこと列車出発式の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。