ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 妊娠・出産 > 令和4年7月14日からの大雨による災害の被災者に係る公費負担医療の取扱い 及び 妊産婦健康診査等の各種母子保健サービスの取扱い について

本文

令和4年7月14日からの大雨による災害の被災者に係る公費負担医療の取扱い 及び 妊産婦健康診査等の各種母子保健サービスの取扱い について

更新日:2022年7月25日更新 印刷

養育医療券をお持ちの方へ

令和4年7月14日からの大雨のために、養育医療券等を紛失あるいは家庭に残したまま避難された方は、

○ 養育医療券の交付を受けている者であること

○ 氏名、生年月日、住所及び支援給付の実施機関名

を、医療機関の窓口にお伝えいただくことにより、受診できるものとされています。

また、緊急の場合は、指定医療機関以外での医療機関でも受診ができます。

母子健康手帳の交付及び妊産婦、乳幼児に対する健康診査等の各種母子保健サービスについて

 

1  妊婦健康診査について

1 対象者  

令和4年7月14日からの大雨による災害救助法の適用を受けた地域の妊婦

  災害救助法の適用を受けた地域

 

2 適用に係る取扱いについて

(1)妊婦健康診査受診券を持たずに避難した場合

避難先自治体に申し出て、妊婦健康診査受診券を交付いただいてください。

(2)妊婦健康診査受診券を持って避難した場合

避難先自治体の医療機関に、前居住地自治体の妊婦健康診査受診券を提出して妊婦健診を受診してください。

受診券発行元である前居住地被災地自治体における対応となり償還払い等の対応になります。

 

2  医療機関で個別に実施する乳幼児健康診査について

上記 「1 妊婦健康診査」に準じた対応となりますので、避難先の自治体にお問い合わせください。 

 

3  母子健康手帳の交付及びその他の母子保健サービスについて

母子健康手帳の交付やその他の母子保健サービスについては、避難先の自治体にお問い合わせください。 

 

 

厚生労働省からの通知等

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)