ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 産業保安 > 高圧ガス・火薬・電気工事 > 令和2年7月豪雨により流出したLPガス容器による事故防止について(地域住民の方へ)

本文

令和2年7月豪雨により流出したLPガス容器による事故防止について(地域住民の方へ)

更新日:2020年7月10日更新 印刷

・令和2年7月豪雨により、うきは市内において、LPガス容器が流出・埋没している可能性があります。

・倒壊家屋や土砂の中にもLPガス容器が埋没している可能性がありますので、作業時には十分注意願います。

・容器を発見された時は、以下の点に注意して、問い合わせ先にご連絡願います。

○みだりに触れない、移動させない!

○ガス臭くなくても、容器周辺では火気を使用しない!

【問い合わせ先】

(1)容器の所有者(容器の外面に氏名、名称、住所及び電話番号が表示されています。)

(2)氏名等が判別できない場合は、

  LPガス容器 (一社)福岡県LPガス協会 TEL:092-476-3838

(3)不明な点、お困りな点がありましたら、

    福岡県商工部工業保安課 TEL:092-643-3439

災害により流出した容器の取扱い [PDFファイル/46KB]

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)