ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > 「レク式体力チェック」ボトル巻き上げ用具の作り方

本文

「レク式体力チェック」ボトル巻き上げ用具の作り方

更新日:2020年5月18日更新 印刷

一般社団法人新潟県レクリエーション協会が考案した「レク式体力チェック」の測定種目の一つである、「ボトル巻き上げ」で使用する用具の作り方を説明します。

ご家庭にあるものをうまく工夫して作成する方法となります。

是非、ご家族で測定を楽しんでください。

 

用意するもの

 

・ 硬質ビニル管(VP16)

 【ラップの芯、掃除用具等でも代用可能】

・ロープ(荷造り用のひも等)

・1kgの重さのペットボトル(1リットル容器に水をいれたもの)

 【1.5リットル、2リットルのペットボトルに水を入れても代用可能】

・粘着テープ

用意する道具

作成方法

1.ロープを2m1cm程に切り、両端を結ぶ

 

2.ペットボトルの口の部分にロープを輪にして結び、固定する

ペットボトルの口に結ぶ1 ペットボトルの口に結ぶ2

 

3.棒にひもをひと巻きして通し、棒からペットボトルまでの距離が1mになるように調整する

  (1mにならない場合は、棒に巻く回数を増やして調整してください)

棒に結ぶ 1mの長さ

 

4.粘着テープ使ってひもを棒の中心部で固定する

テープで固定する 

 

5.ペットボトルがうまく巻き上がるか確認し、完成

巻き上げ確認 完成

 

 

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。