ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 疾病対策 > がん対策 > 「令和5年度福岡県がん征圧の集い&働く世代をがんから守るがん対策推進大会」を開催しました。

本文

「令和5年度福岡県がん征圧の集い&働く世代をがんから守るがん対策推進大会」を開催しました。

更新日:2024年6月3日更新 印刷

令和5年9月16日にソラリア西鉄ホテル福岡にて開催しました。

令和3年度から引き続き、公益財団法人ふくおか公衆衛生推進機構と共同開催いたしました。

令和6年3月31日まで、大会のライブ配信動画をアーカイブ配信しておりますので、是非ご視聴ください。

アーカイブ配信はこちらから視聴できます(新しいウインドウで開きます)

「令和5年度 福岡県がん対策よか取り組み事業所知事表彰」の表彰式を行いました。

大会の冒頭、「福岡県がん対策よか取り組み事業所知事表彰」の表彰式を行いました。

表彰部門は、事業所内でのがん検診の普及啓発・受診勧奨を行う「がん検診推進部門」と、がんの治療と仕事の両立がしやすい職場環境づくりを行う「がんの治療と仕事の両立推進部門」の2部門、計13事業所を表彰させていただきました。

来年度以降も、知事表彰を行いますので、がん対策推進の取り組みをお願いいたします。

知事表彰の詳細(表彰事業所のよか取り組み内容等)につきましては、こちらをクリックしてください。

 

知事表彰

 

当日の講演等の様子をお知らせします。

基調講演やゲストトークディスカッションを通して、職域でのがん検診のあり方やがんの治療と仕事の両立の取り組み、コロナ禍におけるがん検診の現状や、がんとの向き合い方について考察を深めることができました。

また、知事表彰を受賞された事業所のうち、1つの登録事業所に事業所におけるがん対策推進の取り組みについて、ご報告をいただきました。

「登録事業所の取り組み報告」の様子です。

株式会社日本ハウジングセンター様から、事業所内での取り組みとして何よりも「ヒアリング」を重点的に行っており、がんをはじめ、疾病は多種多様であり、人それぞれ異なるものであることから、あえて明確な規定を作らず、従業員一人一人に寄り添うために本人と「ヒアリング」を行い、入院や復職のタイミング、その後の治療や通院、体調に合わせた勤怠方法を策定していることなどをお話しいただきました。今後も「がんの治療と仕事の両立推進」に取り組んでいきますとお話しいただきました。

事例発表

 

「基調講演」の様子です。

「がんを正しく知っていますか?」をテーマに九州大学病院の加藤聖子先生に、女性特有のがんである子宮頸がん等のリスクや予防について分かりやすく解説していただきました。HPVワクチンのお話や子宮頸がん検診受診の重要性など様々なお話をしていただきました。

3月31日まで基調講演も視聴可能ですので、是非ご視聴ください。

基調講演

 

麻木久仁子さんと攝津正さんによるゲストトークディスカッションの様子です。

 過去に乳がんにり患した経験を持つ、タレントの麻木久仁子さんと慢性骨髄性白血病と闘病中の元プロ野球選手の攝津正さんをゲストにお迎えし、トークディスカッションご参加いただきました。病気を発見した時から現在に至るまで、がんの治療と仕事の両立や周囲のサポートなど乳がんから白血病のことを詳しくお話しいただきました。

 聞いている人の耳にすっと入ってくる軽快なトークで明るく経験談をお話しいただきました。

3月31日までゲストトークも視聴可能ですので、麻木さんと攝津さんのお話を是非ご視聴ください。

 

「福岡県働く世代をがんから守るがん対策サポート事業」について

「福岡県働く世代をがんから守るがん対策推進大会」は「福岡県働く世代をがんから守るがん対策サポート事業」の取り組みの一環として行っています。

毎年1回、推進大会を開催する予定ですので、「福岡県働く世代をがんから守るがん対策サポート事業」に参加登録いただき、推進大会にご参加ください。

皆様の参加登録をお願いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。