ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > 令和2年度福岡県・福岡市産業廃棄物排出事業者講習会について

本文

令和2年度福岡県・福岡市産業廃棄物排出事業者講習会について

更新日:2020年9月16日更新 印刷

概要

 福岡県では、平成22年度から福岡市と共同で、福岡都市圏の建設関係業者の皆様を対象として、建設系産業廃棄物の適正処理についての講習会を行っていますが、令和2年度におきましては、新型コロナウイルスまん延防止の観点から、会場を設けて講義する方法を取り止め、講習会資料を県及び福岡市のホームページに掲載する方法で実施することといたしました。

 

 県内の建設系産業廃棄物の排出量は約380万トン(平成29年度推計)で、県内の産業廃棄物の総排出量の約25%を占めています。建設系産業廃棄物は発生量が多く、全国的に不法投棄・不適正処理事案があることから、不法投棄・不適正処理の未然防止のため、毎年、啓発を行っております。

 

 また、電子マニフェストについて、必要事項の記載漏れがなくなること、事業者による管理票交付等状況報告が不要となることなどのメリットがあります。さらに、紙マニフェストを直接受け渡す必要がなくなるため、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」にも沿うものと考えられます。

 廃棄物排出量の少ない事業者の負担軽減のため料金の改定も行われていますので、ぜひ一度御検討ください。

 

 今年度は、廃棄物処理法に基づく処理基準や排出事業者の責務についての解説のほか、アスベストが使用された建築物を解体する際の飛散防止対策電子マニフェストの利用促進をテーマとしております。

講習会資料

1 建設系廃棄物の適正処理について [PDFファイル/4.02MB]

福岡市環境局産業廃棄物指導課

2 建築物の解体時におけるアスベストの飛散防止対策について [PDFファイル/2.3MB]

福岡県環境部環境保全課

3 公益社団法人福岡県産業資源循環協会からのお知らせ [PDFファイル/6.17MB]

公益社団法人福岡県産業資源循環協会

質問について

 掲載した資料に関する御質問は、10月16日まで受け付け、取りまとめたものを、11月中旬頃に福岡県及び福岡市のホームページに掲載いたします。下記のとおりメールにてお問い合わせください。

 1 建設系廃棄物の適正処理について 

      福岡市環境局産業廃棄物指導課  E-mail : sanhai.EB@city.fukuoka.lg.jp

 2 建築物の解体時におけるアスベストの飛散防止対策について 

   福岡県環境部環境保全課  E-mail : taiki@fihes.pref.fukuoka.jp

 3 公益社団法人福岡県産業資源循環協会からのお知らせ

   公益社団法人福岡県産業資源循環協会  E-mail : info@f-sanpai.com

 

【質問・回答のスキーム図】

質問・回答のスキーム図

注意事項

・修了証の配付はありません。

・来年度以降の排出事業者講習会についても、ホームページへの資料掲載となる可能性があります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)