ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 河川・ダム > 河川の維持・管理 > 令和元年度九州地方治水大会福岡大会を開催しました

本文

令和元年度九州地方治水大会福岡大会を開催しました

更新日:2019年10月16日更新 印刷

 10月15日、アクロス福岡で、令和元年度九州地方治水大会福岡大会を開催しました。

 福岡県で8年ぶりに開催されるこの大会は、近年、気候変動により水害、土砂災害の頻発化、激甚化が懸念される中、九州各県の治水事業関係者が集まり、河川・砂防・ダム・災害復旧事業や利水に関する認識を深めるとともに、治水事業の促進についての政府・国会に対する要望決議案を審議・決定するために、各県持ち回りで開催しています。

 出席した小川知事は、「治水事業は、国土を保全し、住民の皆さまの生命、財産を自然災害から守り、安全で活力ある社会を実現するために、非常に重要な役割を担っています。九州の関係の皆さまが一堂に会し、治水事業について議論し、地方の切実なる声を政府に上げていくことは、時宜を得た、極めて意義深いことです。それぞれの地域の住民の皆さまの安全・安心な生活のため、治水事業をしっかり推し進めてまいりましょう」とあいさつしました。

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事

大会会場の様子

(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。