ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療提供体制 > 病床が全て稼働していない病棟を有する医療機関への対応について

本文

病床が全て稼働していない病棟を有する医療機関への対応について

更新日:2022年8月1日更新 印刷

本県においては病床が全て稼働していない病棟を有する医療機関を把握した場合には、当該医療機関の病棟を稼働していない理由や当該病棟の今後の運用見通しに関する計画等について、地域医療構想調整会議において審議することとしています。

病床が全て稼働していない病棟を有する医療機関におかれましては、様式1「病棟が全て稼働していない病棟に関する報告書」を作成の上、御提出いただきますようお願いします。

なお、地域医療構想調整会議において説明を求める場合もありますので予め申し添えます。

 

1 提出書類

 病床が全て稼働していない病棟に関する報告書(様式1)

 

2 提出期限

 令和4年9月30日(金)

 

3 提出方法

 電子メール

 福岡県保健医療介護部医療指導課 医療計画係 宛て

 E-Mail:iryoshido@pref.fukuoka.lg.jp

 ※本件に係るお問い合わせは電子メールでお願いします。

4 報告様式及び記入例

【様式1】病床が全て稼働していない病棟に関する報告書 [Wordファイル/22KB]

【記入例】病床が全て稼働していない病棟に関する報告書 [Wordファイル/22KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。