ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

太陽光発電設備の安全対策について

更新日:2019年1月28日更新 印刷

太陽光発電設備の安全対策

 太陽光発電は、本県の再生可能エネルギー導入容量の約9割を占める重要な電源であり、安全性の確保を前提としたうえで、更に拡大させていくことが必要です。

 しかしながら、台風に伴う大雨や局地的な豪雨による太陽光発電設備の浸水・破損や、強風により飛散した太陽光パネルが近隣家屋を損壊させるなどの被害の発生が懸念されています。

 発電事業者の皆様におかれましては、電気事業法等関係法令の規制や、業界団体の定める自主規制を厳格に守っていただき、日頃から発電設備の適切な安全対策と保守管理を行っていただくようお願いします。

 また、太陽光発電設備は、浸水・破損した場合であっても光が当たれば発電することが可能であり、接近又は接触すると感電するおそれがあります。

 このため、住民の皆様も、浸水・破損した太陽光発電設備にはむやみに近づかないよう十分にご注意ください。 

 太陽光発電の安全対策に関する情報をふくおかのエネルギー(福岡県エネルギー総合情報ポータルサイト)(別のウィンドウで開きます)に随時掲載していますのでご参照ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。