ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 学校教育 > 義務教育 > プログラミング教育関連資料

本文

プログラミング教育関連資料

更新日:2021年4月1日更新 印刷

 令和2年度から新しい学習指導要領が小学校で全面実施となり、令和3年度からは中学校においても全面実施となります。今回の学習指導要領では、子供たちの情報活用能力を育成するために、各学校でプログラミング教育に取り組むことが示されています。

 本県教育委員会では、小学校及び中学校でのプログラミング教育が円滑に推進されるよう、協力校での実践を基にしたモデルカリキュラムを作成しています。令和2年度の取組として、各教科等でのプログラミング教育実践例を作成しましたので公開します。プログラミング教育推進にあたって各学校で是非御活用ください。

 なお本教育委員会の取組として、令和3年度は各学校で作成する際の参考となるよう、全体計画例及び年間計画例を協力校での実践を基に作成してまいります。

※ 下表の単元名をクリックすると、実践例がダウンロードできます。


モデルカリキュラム実践例一覧

教科等 学年 単元(題材)名 プログラミングの活動
国語 小2 「みちあんないをしよう」 タブレットを活用した、動きのある道案内の作成
小3 「つたわる言葉『ことわざ・故事成語』」 タブレットを活用した、動きのあることわざブックの作成
社会 小4 「福岡県クイズをつくろう」 福岡県の地理的環境の特色を題材としたクイズの作成
小5 「未来をつくり出す工業生産」 センサーで発進等を制御するプログラムの作成
算数 小5 「正多角形と円」 正多角形を画面に表示させるプログラムの作成
小5 「整数の性質」 公倍数等を画面に表示させるプログラムの作成
理科 小6

「電気と私たちのくらし」(PIECEプログラミングモジュールを使った実践)

信号機を想定した、効率的に電気を利用するプログラムの作成
小6

「電気と私たちのくらし」(プログル理科を使った実践)

身の回りの機械を想定した、効率的に電気を利用するプログラムの作成
生活 小2 「わたしの町 はっけん」 写真等を提示するデジタルチラシの作成
音楽 小5 「いろいろな音色を感じ取ろう」 タブレットを活用した音楽づくり
図画工作 小4 「絵から聞こえる音」 音と絵が融合した作品の制作
体育 小3 「跳び箱」 一連の動きを分解した跳び方の手順等の作成
家庭 小6 「くふうしよう おいしい食事」 炊飯手順のプログラムの作成

総合的な

学習の

時間

小5

「自動運転カーを走らせよう」

決められたルートを通るように制御するプログラムの作成

技術・家庭

(技術分野)

中2 「学校紹介のWebページに学校紹介Q&Aクイズを制作しよう」 ネットワークを使用した双方向性のあるコンテンツの作成

総合的な

学習の

時間

中2 「A市の魅力を発信しよう!」 双方向性のあるコンテンツとしてのホームページの作成

実践例一括ダウンロード [PDFファイル/1.92MB]

全体計画(例) [Wordファイル/40KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)