ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 文化芸術振興 > パネル展「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」開催について

本文

パネル展「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」開催について

更新日:2024年7月2日更新 印刷

概要

 宗像市沖の玄界灘に浮かぶ沖ノ島は、古代より日本と大陸とを結ぶ海上交通の拠点であり、また信仰の島として多くの文化財を伝えてきました。福岡県ではこの沖ノ島について、宗像市・福津市に所在する関連遺産も含めてユネスコの世界文化遺産に登録する活動を推進し、平成29年度に「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産への登録が実現しました。
 今回のパネル展では、沖ノ島の信仰や祭祀に関するパネルを中心に、福岡県の文化振興課九州国立博物館・世界遺産室が製作した「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に関するパネルを展示します。

開催期間

 2024年7月2日(火)~9月8日(日)
 (休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合はその翌日))

開催時間

 午前9時30分~午後4時30分
 (入館は4時まで)

開催場所

 九州歴史資料館2階文化情報広場
 小郡市三沢5208-3

交通手段

 西鉄:天神大牟田線三国が丘駅から約700m
 JR:鹿児島本線原田駅下車タクシーで約10分

観覧料

 無料(第1・3展示室の観覧は有料)

パネル展

関連リンク

九州歴史資料館ホームページ

この情報に関するお問い合わせ先はこちらです

 九州歴史資料館文化財企画推進室広報普及班
​   Tel:0942-75-9501

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。