ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > One Health > 動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い。-“One Health”-

本文

動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い。-“One Health”-

更新日:2020年4月15日更新 印刷

≪ 「ワンヘルス」について、知っていますか? ≫

「ワンワールド・ワンヘルス」とは?

 動物とヒト及びそれを取り巻く環境(生態系)は、相互につながっていると包括的に捉え、関係する学術分野が「ひとつの健康」の概念を共有して問題解決に当たるべきという考え方で、最近では「ワンヘルス」という言葉で代表されるようになっています。

「ワンヘルス・アプローチ」の国際的な取組み

 近年、人と動物の共通感染症の流行制御や薬剤耐性対策等に関する意識が高まり、安全で安心な社会の構築が求められており、このような課題に対し、人と動物の健康を一つと捉え、人、動物、環境の関係者が分野横断的に連携して、その解決に向けて取り組む「ワンヘルス・アプローチ」が国際的に提唱されています

「ワンヘルス」の理念の提唱

 以前から「ワンヘルス」に通じる考え方は提唱されていましたが、2004年、ニューヨーク・マンハッタンのロックフェラー大学において、「ワンワールド・ワンヘルス」をテーマとする「人、家畜、野生動物の間で起こる感染症の統御についてのシンポジウム」が開催されました。その成果は「マンハッタン原則」と命名され、12の行動計画が提示されました。

第2回世界獣医師会-世界医師会“One Health”に関する国際会議と「福岡宣言」

 平成28年11月、北九州市で「第2回世界獣医師会-世界医師会“One Health”に関する国際会議」が開催され、世界31か国から600名を超える医師、獣医師らが参加し、人と動物の共通感染症、薬剤耐性対策等を含む「ワンヘルス」に関する重要な課題について、情報交換と有効な対策の検討が行われ、「福岡宣言」が採択されました。「福岡宣言」とは、「ワンヘルス」の実践段階に向けて、人と動物の共通感染症予防のための医師と獣医師との協力関係を強化することなど4項目からなるものです。

本県における「ワンヘルス」の理念の理解の推進

 本県では、国際貿易港4海港、税関空港2空港を有し、博多港へのクルーズ船の寄港も増加するなど、アジアとの人的交流、経済交流は年々活発化し、まさにアジアの玄関口として、世界とのつながりを強めています。本県も、今後、県民の皆様に「ワンヘルス」の理念についてご理解いただけるよう、「ワンヘルス」に関連する情報、施策、シンポジウムの開催等について、情報発信をしてまいります。

≪ 「ワンヘルス」関連情報発信コーナー ≫

厚生労働省など、国における取組み

福岡県における取組み

「ワンヘルス」のイメージ図

ワンヘルスのイメージ図

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)