ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 管理者用 > 管理者用 > 行政資料 > 農業労働力確保緊急対策事業について
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 福岡の農業 > 農業労働力確保緊急対策事業について

本文

農業労働力確保緊急対策事業について

更新日:2020年7月10日更新 印刷

新型コロナウイルス感染症対応に係る労働力確保の取組みを支援しています。

1 補助対象者

福岡県内の農業者(個人・法人)

2 補助対象経費

事業チラシ

チラシ [PDFファイル/1.3MB]

(1) 在留資格申請手数料の助成

 新型コロナウィルス感染症対応にかかる入国制限などにより帰国困難になった外国人技能実習生等が在留期間を延長するために必要な在留資格の申請手数料を助成します。 

 〇補助金額

  在留資格変更1回につき4,000円(定額)

  在留資格変更については、法務省出入国在留管理庁ホームページをご覧ください。

 

(2) 賃金の掛かり増し経費の助成  

  新型コロナウイルス感染症対応により入国できない外国人技能実習生等に代わる人材を確保するために必要な賃金の掛かり増し経費を助成します。

 〇補助金額  

  1時間あたり上限200円  

  例1:来日できなくなった技能実習生Aさんの代わりにBさんを雇用した場合

    Bさん1時間労賃(1,300円)-Aさん1時間労賃(1,000円)=300円

    差額300円であるが、上限200円のため、助成額は200円×労働時間数になります。

 

  例2:来日できなくなった技能実習生Aさんの代わりにBさんを雇用した場合

    Bさん1時間労賃(1,050円)-Aさん1時間労賃(1,000円)=50円

    差額50円のため、助成額は50円×労働時間数になります。

 

  新型コロナウイルス感染症対応により帰国できない外国人技能実習生の在留資格を、「特定活動」、「特定技能1号」、及び「技能実習3号」への移行に伴う賃金の掛かり増し経費を助成します。

 〇補助金額  

  補助金額は、前述同様の計算方法になります。

 

 稼働中の集出荷施設において、新型コロナウイルス感染症に起因する人材不足にかかる新規雇用に必要な賃金の掛かり増し経費を助成します。

 〇補助金

  1時間あたり上限350円

  例:新型コロナウィルスに係る休校により子の保護者である従業員Aさんが休みを取る際に、代替でBさんを雇用した場合

    Bさん1時間労賃(1,400円)-Aさん1時間労賃(1,000円)=400円

    差額400円であるが、上限により助成額は350円になります。

    助成額:350円×労働時間数

 

(3)  人材募集経費の助成 

  新型コロナウイルス感染症による農業分野における人手不足の解消のため、人材募集にかかる経費を支援します。

 〇補助金額  

 共同利用施設(選果場・集出荷施設等)で人材募集を行う場合:112,000円(定額)

 共同利用施設を除く農業経営体で人材募集を行う場合:37,000円(定額)  

 

注意:この事業は、国の「農業労働力確保緊急支援事業」と併用ができませんのでご注意ください。

詳しくは農林水産省ホームページをご覧ください。

3 提出期限、必要書類

4 提出、問い合わせ先

〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7

福岡県農林水産部経営技術支援課 経営企画係

TEL 092-643-3494

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)