ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 都市計画 > 都市公園 > 県営西公園展望施設基本・実施設計業務公募型プロポーザル最優秀者を決定しました!

本文

県営西公園展望施設基本・実施設計業務公募型プロポーザル最優秀者を決定しました!

更新日:2023年5月10日更新 印刷

 県営西公園は、「西公園再整備基本計画」において、「眺望」のポテンシャルを最大限活かす、360度開けた展望施設を整備することで、魅力の向上を図ることとしております。

 今回、西公園展望施設の整備にあたり、高度な設計能力及び豊富な経験を有する者に設計業務を委託するために、展望施設の整備案をプロポーザル方式により公募しました。

 このたび学識経験者らによる選定委員会での審査の結果、設計業務契約の交渉を行う最優秀者を決定しましたので、お知らせします

 

審査結果

 
順位

得点

提案者

最優秀者 640 株式会社エスティ環境設計研究所
次点者 575 株式会社俊設計
3位 571 提案者A
4位 541 提案者B
5位 536 提案者C

 

審査経緯

 令和5年3月31日~4月6日  提案書の提出期間(15者より提出あり)

                     〈提案書の書類審査により最終審査対象候補者を5者選定〉

 令和5年4月14日         書類審査結果の通知

 令和5年4月28日         最終審査(プレゼンテーション・ヒアリング)により

                     最優秀者及び次点者を選定

  令和5年5月10日         最優秀者及び次点者公表

 

展望施設整備イメージ

提案図書イメージ

※最優秀者から提案のあったイメージであり、今後の協議により変更になることがあります。

 

第2回西公園展望施設設計者選定委員会における総評

 最優秀提案者は、西公園の特性や課題に対する理解の深さが看取され、今後再整備が予定される周辺エリアとの関係性を踏まえた提案かつプレゼンテーションが高評価につながった。

 特ににぎわいエリアとの連続性を踏まえたシンプルでわかりやすい直線のロング・アプローチを持つ展望台は、国内でも希少と考えられ、そのシンボル性と完成後の注目度にも期待が寄せられた。また公園全体の回遊性向上と新たな賑わい空間の創出を目指し、展望施設と下部の広場を一体的に提案する点にも高い評価が得られた。さらに施設に対する利用者の利便性、安全性とともに、施工性やコストに対する配慮が十分に検討されている点も高い評価に繋がった。 

 一方で、メインアプローチに対する若干の懸念点も挙げられ、今後の設計協議を進める中での改善作業について提案内容の質的担保ならびに設計者としての適格性も十分なものと判断された。

 次点以下に関しても大変魅力的な提案が多く、特に展望施設のランドマーク性、シンボル性においては高い評価が得られたものの、上記理由による総合的評価の高さから、最終提案者の特定に至った。本プロポーザルに応募していただいたすべての提案者各位に心からの感謝と敬意を表する。

 

西公園展望施設設計者選定委員長

柴田 久

その他参考

記者提供資料 [PDFファイル/195KB]

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)