ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 環境政策・国際環境協力 > 環境総合 > 宗像フェスーSeven Fukuocaratーで寄附金贈呈式が行われました

本文

宗像フェスーSeven Fukuocaratーで寄附金贈呈式が行われました

更新日:2021年4月26日更新 印刷

 県では、自らの感染リスクを顧みず、コロナウイルスの最前線で奮闘されている医療従事者の皆さまに対し、感謝と応援の気持ちを込めて、「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」をお渡しするため、その寄附を募っています。

 4月24日、宗像市で開催された寄附金贈呈式に服部知事が出席し、宗像フェス実行委員会から寄附金目録が贈呈されました。

 寄附金は、同実行委員会が環境保全活動により回収したプラスチックの再生利用によるオリジナルマイボトルの販売、花で子供たちを笑顔にするフラワースマイルプロジェクトによる収益によるものです。

 知事は感謝の気持ちを述べるとともに、「宗像フェス実行委員会並びに賛同いただいた皆様の温かい気持ちを添えて、医療従事者の皆さまにしっかりお届けします。県民の皆さんには、新型コロナウイルス感染拡大防止のために慎重な行動をお願いしたい」と述べました。

 また、「宗像フェス実行委員会を中心にして取り組んでいる海洋環境の保全活動は、人と動物の健康、そして環境の健全性を守ることを一体として推進していくという、ワンヘルスの理念において、非常に重要な取り組みです。本県が掲げる持続可能な開発目標であるSDGsの17の目標にも大きく係わるものであるため、非常に意義深いものと敬意を表します。これからも健全な環境を守り、後世に伝えていくために、力を合わせて取り組んでいきましょう」と述べました。

 

花束を受領する知事

(写真左から)山村 朋代 宗像フェス実行委員、知事

贈呈(松本県議)

(写真左から)小河内 一広 宗像フェス実行委員、松本 國寛県議

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。