ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 公共交通(鉄道・バスなど) > みやま市山川支所を拠点とした自動運転サービス導入開始式・出発式に出席しました

本文

みやま市山川支所を拠点とした自動運転サービス導入開始式・出発式に出席しました

更新日:2021年7月19日更新 印刷

 7月18日、みやま市山川支所を拠点とした自動運転サービス導入開始式・出発式が開催されました。

 本運行における自動運転は、運行ルートの道路に埋め込まれた電磁誘導線の上を運転車両が自動で走行するものです。通常、運転手はハンドルを握らず乗車しますが、緊急時などは手動により運行を支援します。

 あいさつの中で知事は、「自動運転コミュニティバスが、運転手不足の対応など公共交通が抱える課題の解決や高齢者の事故減少といった効果も生み出すものと思っております。今後、市民の皆さまの足として定着し、安全に運行が続けられ、地域振興、発展の基盤となることを大いに期待しています」と述べました。

 

あいさつをする知事

(写真)あいさつをする知事

あいさつをする県議会副議長

(写真)あいさつをする十中大雅福岡県議会副議長

あいさつをする板橋聡県議会議員

(写真)あいさつをする板橋聡福岡県議会議員

テープカットの様子

(写真)テープカットの様子

出発式の様子

(写真)自動運転車両「オレンジ・スター号」の出発式の様子

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。