ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

マスクの着用について

更新日:2022年10月27日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着用は極めて重要です。

一方で、どのような場面でマスクを外しても構わないのかよく分からないといったご意見があります。

また、マスクの着用による熱中症のリスクにも気を付けなければなりません。

このため、以下の事例を参考に一人ひとりが感染対策をとりながら、暮らしやすい社会をつくっていきましょう。

場面に応じてマスクの着脱を使い分けよう

 

屋外でのマスク 屋外でのマスク2屋内でのマスク  マスク着用の留意点

※ 2歳以上の小学校就学前の子どもについては無理にマスクを着用させる必要はありません。
※ 2歳未満の乳幼児のマスク着用は推奨されません。
※ マスクの着脱は、本人の意に反して無理強いすることのないよう、配慮をお願いします。

<屋外での着用について>

季節を問わず、マスク着用は原則不要です。

※人との距離(めやす2m)が保てず、会話をする場合は、着用をお願いします。


(参考:熱中症対策リーフレット [PDFファイル/756KB] ※厚生労働省HPより

<屋内での着用について>

距離が確保でき、会話をほとんど行わない場合を除き、マスクの着用をお願いします。

※人との距離(めやす2m)が保てて、会話をほとんど行わない場合は着用の必要はありません。

以下のような場面ではマスクを着けましょう!

  • 公共交通機関を利用する場合(通勤時など混雑している場合)

  • 高齢の方に会う場合

  • 病院に行く場合

  • 屋外でも近い距離で会話をする場合

 

マスク着用の考え方について(厚生労働省)

 厚生労働省からマスク着用について、以下のとおり考え方が示されています。

令和4年5月20日付事務連絡 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 [PDFファイル/84KB]

(別添)マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて [PDFファイル/135KB]

 

 

リーフレットについて(厚生労働省)

 マスク着用 マスク着用インバウンド向けリーフレット

 

別紙① 別紙②

※各リーフレットのデータは以下になります。

 

令和4年10月14日付事務連絡 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 [PDFファイル/47KB]

(別添)マスクの着用について [PDFファイル/211KB]

(別添)マスクの着用について(インバウンド向け) [PDFファイル/985KB]

 

令和4年5月25日付事務連絡 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 [PDFファイル/41KB]

(別添)リーフレット [PDFファイル/1.11MB]

 

マスク着用が困難な方へのご理解を!

 マスクを着用した場合、チクチク感じたり、においが気になるといった感覚過敏、皮膚の病気や呼吸器の病気等のさまざまな理由により、マスクの着用が困難な方々もいらっしゃいます。

 マスクの着用が困難な方へのご理解をお願いします。

 ※厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14297.html

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)