ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

マスクの着用について

更新日:2022年5月25日更新 印刷
ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着用は極めて重要です。

一方で、どのような場面でマスクを外しても構わないのかよく分からないといったご意見があります。また、これから気温・湿度が高くなる季節を迎えるため、マスクの着用による熱中症のリスクにも気を付けなければなりません。

このため、以下の事例を参考に一人ひとりが感染対策をとりながら、暮らしやすい社会をつくっていきましょう。

場面に応じてマスクの着脱を使い分けよう

 

屋外ではマスク外してもOK 外してもOK屋内  留意点

 

マスクを外してもOK!

<屋外>

  • 会話がほとんどない場合
  • 会話があっても人との距離が2m以上(目安)離れている場合

    例) 散歩やランニングをする場合

    例) 徒歩や自転車で通勤・通学をする場合

    例) 鬼ごっこなどの密にならない外遊びをする場合

★高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、これらの場面では、マスクをはずすようにしましょう。


(参考:熱中症対策リーフレット [PDFファイル/914KB] ※厚生労働省HPより

 

<屋内>

  • 人との距離が2m以上(目安)離れていて、会話がほとんどない場合
  • 会話があっても人との距離が2m以上(目安)離れていて、十分な換気など対策をとっている場合

 

マスクを着けましょう!

  • 公共交通機関を利用する場合(通勤時など混雑している場合)
  • お年寄りに会う場合
  • 病院に行く場合
  • 屋外でも近い距離で会話をする場合


※ 2歳以上の小学校就学前の子どもについては無理にマスクを着用させる必要はありません。
※ 2歳未満の乳幼児のマスク着用は推奨されません。

 

マスク着用の考え方について(厚生労働省)

   この度、厚生労働省からマスク着用について、以下のとおり考え方が示されました。

令和4年5月20日付事務連絡 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 [PDFファイル/84KB]

(別添)マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて [PDFファイル/135KB]

 

リーフレットについて(厚生労働省)

別紙①別紙②

 

令和4年5月25日付事務連絡 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 [PDFファイル/41KB]

(別添)リーフレット [PDFファイル/1.11MB]

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)