ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 水産業 > 漁業と遊漁のルール > 令和3管理年度のクロマグロ資源管理と漁獲状況

本文

令和3管理年度のクロマグロ資源管理と漁獲状況

更新日:2021年9月10日更新 印刷

クロマグロの資源管理について

 太平洋クロマグロは、近年、資源の悪い状態が続いており、水産庁の指導の下、本県の漁業者も含め全国の漁業者が厳しい資源管理に取り組んでおります。

 令和3管理年度(2021年4月1日~2022年3月31日)において、本県漁業者等が採捕できるクロマグロの量は下表のとおりです。

令和3管理年度に福岡県の漁業者等が採捕できるくろまぐろの量
小型魚(30kg未満) 大型魚(30kg以上)
16.8トン 7.9トン

  詳しい取組内容につきましては、リンク先から「福岡県資源管理方針」および「漁業法第32条第2項の規定に基づき福岡県知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針」をご参照ください。https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuokakenshigenkanrihoushin.html

  なお、遊漁については、令和3年8月21日~令和4年5月31日まで、クロマグロは大きさに関わらず、採捕禁止となっております。 意図せず採捕した場合には、直ちに海中に放流してください。

つきましては、遊漁者の皆様もクロマグロ資源を守るために資源管理の取組にご協力をお願いします。詳しくは、水産庁ホームページ「遊漁の部屋」をご覧ください。

現在のクロマグロの採捕状況

令和3管理年度の累計クロマグロ採捕状況

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計 上限

小型魚

0.0 0.1 0.0 2.3 1.2               3.6 16.8

大型魚

0.0 0.0 0.5 0.0 0.0               0.5 7.9

  ※小数点第2位を四捨五入し表示。        (令和3年8月31日現在)

 

関連ファイル及びリンク

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。