ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > マダニが媒介する感染症に注意しましょう!

本文

マダニが媒介する感染症に注意しましょう!

更新日:2022年6月14日更新 印刷

ウイルスなどの病原体を持つマダニに咬まれることで、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、日本紅斑熱、ライム病などの感染症が引き起こされることがあります。

ダニの活動は春から秋にかけて盛んになります。野外作業、農作業、レジャーなどを行う際は、マダニに咬まれないよう十分に注意が必要です。

マダニに咬まれないための予防策

肌の露出を少なくする

  • 長袖、長ズボンを着用する(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる)
  • 帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻くなどする
  • 足を完全に覆う靴を履く(サンダルなどは避ける)

マダニの付着が確認しやすい明るい色の服を着る

忌避剤(虫除け剤)を使用する

屋外活動後はマダニに咬まれていないか確認する

  • 特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などに注意

もしマダニに咬まれたら・・・

マダニに咬まれた際、無理に引き抜こうとすると、マダニの一部が皮膚内に残ることがあります。医療機関(皮膚科など)で適切な処置をしてもらいましょう。

マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診してください。

関連情報

マダニによる感染症に注意しましょう(福岡県がん感染症疾病対策課)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。