ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 環境政策・国際環境協力 > 環境総合 > 宗像・遠賀・粕屋地域環境協議会における取組(令和元年度)

本文

宗像・遠賀・粕屋地域環境協議会における取組(令和元年度)

更新日:2020年4月28日更新 印刷

宗像・遠賀・粕屋地域環境協議会事業

令和元年度の活動状況

 環境フェアでの啓発活動、市町村が行う事業の支援、小中学校における環境教育の支援、環境教育担当者の研修、環境保全活動団体間の交流等を次の通り実施しました。

区分

実施年月日

実施場所

実施内容

共通

R1.6.20(木曜日)

宗像市

地域環境協議会の開催

R1.12.19(木曜日)

宗像市

行政職員・教育職員を対象とした研修会

R2.2.9(日曜日)

古賀市

環境保全活動団体の交流会の開催

低炭素社会の構築

(地球温暖化防止)

R1.10.27(日曜日)

水巻町

水巻町コスモスまつりで普及啓発

R1.11.23(祝日・土曜日)

宗像市

むなかた環境フェスタで普及啓発

R1.12.7(土曜日)

芦屋町

芦屋人権まつりで普及啓発

循環型社会の構築

(3Rの推進)

R1.8.26(月曜日)

遠賀町

3R工作教室

R1.11.16(土曜日)

岡垣町 ダンボールコンポスト人材育成

R1.12.14(土曜日)

福津市

ダンボールコンポスト人材育成

自然共生社会の構築

(生物多様性)

R1.6.2(日曜日)

福津市

一斉清掃及び外来種駆除

R1.7.20(土曜日)

福津市

水辺の生きもの観察会

R1.8.3(土曜日) 福津市

昆虫観察会

R1.9.28(土曜日)

福津市

秋の草花観察会

R1.12.20(金曜日)

福津市

カスミサンショウウオ調査保全活動

R2.2.20(木曜日)

遠賀町

オニバス再生調査保全活動

地域の環境フェアへの参加

 地域の環境フェアに参加し、地球温暖化防止活動推進員さんと協力して環境クイズやゲームを行ったり、パネル展示を行って、地球温暖化防止、3R、自然共生(生物多様性)などの地域環境協議会の取組について普及・啓発を行いました。クイズやゲームの参加者には、エコグッズをプレゼントしています。

○令和元年10月26日(土曜日)、27日(日曜日)水巻町コスモスまつり(みどりんぱぁーく)水巻町

 当所は、日曜日に参加しました。

〇令和元年11月23日(祝日) むなかた環境フェスタ (メイトム宗像) 宗像市

 むなかた環境フェスタ の写真

 

〇令和元年12月7日(土曜日) 芦屋人権まつり (芦屋町町民会館) 芦屋町

 芦屋人権まつりの写真

 

ダンボールコンポスト人材育成

 家庭から出る生ごみをたい肥として利用する技術と、たい肥づくりの楽しさを伝える活動を行っている、「NPO法人循環生活研究所」から講師にお迎えし、ダンボールコンポストとは何か、ダンボールコンポストの作り方についてわかりやすく実演を交えてご説明頂きました。

 家庭からでる生ごみを、微生物に分解してもらって、肥料にしてしまう。「ごみ」として出せばたくさんのエネルギーやお金をかけて処理する必要がありますが、堆肥にすれば畑や花壇の肥料となるので、ごみも減らせ、肥料もできて一石二鳥です。

〇令和元年11月16日(土曜日) 岡垣町東部公民館

ダンボールコンポスト人材育成、岡垣町東部公民館の写真

○令和元年12月14日(土曜日) イオンモール福津

ダンボールコンポスト人材育成、イオンモール福津の写真

親子3R工作教室

 3Rの推進を目的に、子どもたちを対象に、お弁当のふたを利用したプラバン工作教室を実施しました。

 講師は、NPO法人エコけんさんです。

 まず、子どもたちに(付き添いの家族の方も一緒に)ごみの分別や、容器包装リサイクル法の説明を行っていただきました。その後、使用済みの透明なプラスチックのお弁当のふたに好きな絵を書いて切り取り、オーブントースターで1分加熱し、ネームタグを作成しました。

 ごみになるものから、かわいいネームタグができ、みなさんうれしそうでした。また、ネームタグをつけることにより、物をなくさず最後まで使用するようにするためエコになるとのこと。色々なことを学べる教室となりました。

○令和元年8月26日(月曜日) 遠賀町 島門小学校

  親子3R工作教室、遠賀町島門小学校の写真

環境保全活動団体交流会

 地域で活動されていらっしゃる環境ボランティア団体等の皆様が一同に集まり、地球温暖化防止、3R、自然共生をテーマに活動内容を発表し、情報や意見の交換。交流する場として、環境保全活動団体交流会を実施しています。 

 令和元年度第7回環境保全活動団体交流会を実施しました。

○令和2年2月9日(日曜日) リーパスプラザこが 古賀市

〇各種団体からの活動近況報告

 参加された団体の皆さんから、パネルやチラシを展示いただき、3分程の近況報告又はお知らせをしていただきました。

団体:NPO法人九州山口CO2カウンセラー協会、むなかた蝶類研究会、宗像植物友の会、ぐりんぐりん古賀(NPO法人エコけん)、トヨタ自動車九州株式会社、舞小ビオトープ倶楽部、古賀市緑のまちづくりの会、ぐりんぐりん古賀(生物調査と保全グループ)、宗像国際環境会議実行委員会

 その他の参加団体の方からも一言紹介をいただきました。

団体:宗像の環境を考える会、どじょうクラブ、ごみ住連、古賀市環境課、福津市うみがめ課、新宮町教育委員会、県教育庁、県保健福祉環境事務所

〇講演会 カードゲーム等でSDGsを体験しよう

 講師 福岡女学院中学校・高等学校 柿原寿人氏

 中村学園女子中学校・高等学校 大淵芙美氏

 SDGs公認ファシリテーター 林直美氏

 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)では、先進国を含む国際社会全体の開発目標として、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、「気候変動への具体的な対策」など17の目標と169のターゲットが示されています。SDGsの環境、経済、社会の3つを同時達成することを目指した2030年までの道のりに係るカードゲームについてお話をいただき、体験していただきました。

環境保全活動団体交流会、カードゲーム等でSDSsを体験しようの写真1 環境保全活動団体交流会、カードゲーム等でSDSsを体験しようの写真2 環境保全活動団体交流会、カードゲーム等でSDSsを体験しようの写真3

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。