ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 防災情報 > 平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書について

本文

平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書について

更新日:2017年4月1日更新 印刷

平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書について

 熊本地震では、車中泊やテント泊等多様な避難形態への対応やエコノミークラス症候群の発生などの避難に関する課題や、支援物資が避難所まで届かない、或いはニーズに合ったものが届かないなどの物資に関する課題のほか、市町村庁舎が損壊し、災害対応等に支障をきたす事態が発生するなど、様々な課題が明らかとなりました。

 このため、県では、庁内関係部局で構成する「平成28年熊本地震検討プロジェクトチーム」を設置し、熊本地震の課題とその対応策について、支援する側と支援を受ける側の両面から具体的な検討を行ってきました。

 このたび、その検討結果として、「平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書」を取りまとめましたのでお知らせします。

 今後、この検討結果に基づき、県地域防災計画をはじめ、各種計画・マニュアルの見直し等を行い、本県の防災対策の充実・強化を図っていきます。

 

 

平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書の概要 [PDFファイル/371KB]

平成28年熊本地震の課題等に係る検討結果報告書 [PDFファイル/1.94MB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)