ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > ホームページやSNSで農産物の情報発信

本文

ホームページやSNSで農産物の情報発信

更新日:2020年10月20日更新 印刷
女性農村アドバイザーICT研修の様子

 10月13日、北筑前普及指導センター研修室で、女性農村アドバイザーやICTを活用している女性農業者を対象に「ホームページやSNSにおける生産物の効果的な情報発信方法」について、研修会を実施しました。

 講師は、ICT経営コンサルタントの工藤洋輔氏で、SNS・インターネットなどのICT技術を活用した販路開拓・集客に活用するための5大SNSの特徴と使い分け、ホームページの効果的な使い方について学びました。

 講演の後、ホームページやSNSを活用して農産物販売を行っている人を対象にグループ相談を行いました。 参加者の農産物販売サイトを個別に見ながら、「屋号やロゴは、作成した方が生産者の本気度が伝わる」「もみがら堆肥の利用は、消費者にどんなメリットがあるのかを具体的に伝えた方が良い」等の具体的アドバイスを頂きました。

 普及指導センターでは、感染症予防のためオンライン化が進む中、女性農業者のコミュニケーション能力を活かした6次産業化を進めるため今後もICT技術の活用支援をすすめます。 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。