ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 麦の更なる高品質・安定生産に向けて

本文

麦の更なる高品質・安定生産に向けて

更新日:2021年11月11日更新 印刷

粕屋地区では、小麦の生産が8経営体、約50haで行われています。令和3年産では

管理が徹底されたことにより、1等Aランクで過去最高の538kg/10aの単収となりました。

 今年も麦の播種時期を控え、11月5日に麦播種前講習会が開催されました。

 講習会では、令和3年産の生産経過やカントリーでの荷受実績を振り返り、令和4年産でも同様の好成績を収めるために基本技術の徹底や、雑草の草種別の対策を周知しました。

 また、除草剤の使用方法や、麦の充実を良くする対策について、活発に質問が出され麦作に関する技術情報を十分共有することができました。

 最後に、保険料を県が助成する収入保険加入促進事業について説明を行い、講習会を終えました。

 普及指導センターでは、今後も麦の高品質・安定生産に向けて、関係機関と連携して支援を行っていきます。

麦播種前講習会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。