ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > JA粕屋およびJAむなかたで「北原早生」の出荷が始まりました。

本文

JA粕屋およびJAむなかたで「北原早生」の出荷が始まりました。

更新日:2021年10月21日更新 印刷

 当普及指導センター管内では、JA粕屋かんきつ部会(15戸)、JAむなかたかんきつ部会(7戸)で、「北原早生」の生産が行われています。 

 「北原早生」は、福岡県みやま市で「原口早生」の枝変わりとして発見された品種で、着色と食味の良さが特徴です。

 高糖度果実を生産するためにシ-トマルチ栽培は不可欠ですが、今年は8月中旬以降の長雨が続くなど、例年と異なる気象であったため、細やかな栽培管理が必要となりました。

 このため、葉面散布の実施や、晴天時にシートマルチを開けて土壌乾燥を促すなど糖度向上のための取組みや、出荷開始前に両部会の園地巡回を行い、収穫基準の確認を行いました。

 その結果、令和3年度は、JA粕屋かんきつ部会で37.5t、JAむなかたかんきつ部会で17tの出荷がそれぞれ見込まれています。

 普及指導センターでは、「北原早生」の高品質・安定生産に向けて、関係機関と連携し、引き続き支援を行っていきます。

「北原早生」
園地巡回の様子
JA粕屋ブランド「かすやそだち」

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。