ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 「ミズホチカラ」の現地講習会を開催しました

本文

「ミズホチカラ」の現地講習会を開催しました

更新日:2021年9月28日更新 印刷

JA粕屋では、主食用米からの転換作物として飼料用米「ミズホチカラ」の作付けを推進し、作付面積約50ヘクタール(生産者60名)まで拡大しました。しかし一部で単収が低いことから、収量向上に向けた取り組みとして、令和3年9月22日に現地講習会が初めて実施されました。

 講習会は、JA粕屋管内の北部、中部、南部の地区ごとに実施され、普及指導センターより「ミズホチカラ」の生育概況、トビイロウンカの発生状況や今後の防除管理、水管理や次年度に向けての土づくり対策について講習しました。

 参加された農業者からは、収穫時期、病害虫の見分け方、土づくり資材についての質問や要望が出され、講習会を対面で行う効果を確認できました。

 普及指導センターでは、これからも各作物の生産改善に向け、講習会や実証ほの設置・調査を通じて農業者を支援していきます。

篠栗町での現地講習会の様子
須恵町での現地講習会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。