ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 粕屋4Hクラブ員が休耕田保全管理作業を実施しました

本文

粕屋4Hクラブ員が休耕田保全管理作業を実施しました

更新日:2021年6月15日更新 印刷

6月1日、粕屋4Hクラブ(会長:安河内宏史氏)は久山町で休耕田管理作業を実施しました。当日は梅雨の晴れ間で汗ばむなか、各自が草刈機やトラクターを持ち寄り、畦畔や休耕田ほ場内の除草・耕耘作業を行いました。

4Hクラブは、将来の日本の農業を支える20~30代前半の若い農業者が中心となり全国に組織されているもので、粕屋4Hクラブは糟屋郡内および古賀市の8市町の若手農業者9名が在籍しています。休耕田管理作業は地元の農協からの依頼を受け、地域の荒廃農地をなくすために昨年より取り組みを開始したものです。

普及指導センターは、作業前の安全確認、熱中症への注意喚起を行い、活動を支援しました。クラブ員からは「自分たちの活動が地域の役に立っていることを実感できた」と好評でした。今後も普及指導センターでは、4Hクラブの活動支援を通じて、若い農業者のネットワーク構築や自主的な活動を支援していく方針です。

除草作業を行うクラブ員
トラクターを使った除草作業の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。