ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 農業よかとこ見て歩き開催

本文

農業よかとこ見て歩き開催

更新日:2020年11月16日更新 印刷

 11月6日、北筑前アグリネット(管内の指導農業士・青年農業士・女性農村アドバイザーの現役およびOBで構成、事務局は普及指導センター)の主催により、「農業よかとこ見て歩き」が開催されました。当日は、アグリネット会員8名、新規就農者1名、新規就農研修生等5名ほか、全18名が参加しました。

 今回の「よかとこ」は、福岡県農業大学校と福岡県農林業総合試験場の2か所としました。

 まず農業大学校では、イチゴのGLOBALG.A.P.取得の取り組みについて、学生及び教員から説明を受けました。毎年入れ替わる学生を中心とした取り組みのため、苦労が多いものの、毎年違う目でリスク評価ができるのは、一戸の農家にはない強みであり参考になることが多かったです。続いて試験場野菜部では、イチゴの新品種育成について、これまでの取り組みと、現在の育種の方針などの説明を受けました。

  普及指導センターは、今後もアグリネット会員とともに新規就農者の育成に取り組みます。

 

農業大学生による説明
農林総合試験場イチゴの育苗ハウス

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。