ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 女性の力で柑橘部会の活性化を

本文

女性の力で柑橘部会の活性化を

更新日:2020年8月18日更新 印刷

 JAむなかた柑橘部会(部会長 綱脇正幸氏、会員41名)は、平成31年3月より女性への栽培基礎講座を始め、参加者が発言しやすい雰囲気を作っています。

 これまでに土づくりやせん定など4回の講座を開催し、今年度も摘果(6月23日)、病害虫防除(7月21日)の講座を開催しました。生産者7名が参加し、温州ミカンの優良品種「早味かん」、「北原早生」の摘果方法や黒点病、カミキリムシ、サビダニを中心とした病害虫防除のポイントを確認しました。

 参加者からは、「女性だけなので質問しやすく、勉強になる」、「小さな子供も連れて参加できる雰囲気で良い」「みかんづくりの仲間ができ、とても嬉しい」などの声が聞かれました。次回は参加者からの要望で、2~3月にせん定の講座を開く予定です。

 普及指導センターは、カンキツ産地の再興に向けてこれからも活動を支援します。

摘果の講習風景(6月23日)
病害虫防除について講習(7月21日)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。