ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 令和元年度農業経営研修会を開催しました

本文

令和元年度農業経営研修会を開催しました

更新日:2020年2月12日更新 印刷

GAPの導入事例について学ぶ

 北筑前地域担い手・産地育成総合支援協議会(事務局:北筑前普及指導センター)では、1月31日に農業経営研修会を開催しました。

 本年度は、JR九州ファーム株式会社の生産部長、飯干寛之氏を講師に招き、GLOBALG.A.Pの導入事例についてお話しいただきました。その後、会場の出席者から日頃取り組んでいること等について意見を出していただき理解を深めました。当日は生産者、関係機関あわせ70人が参加しました。

 参加者からは、「取り組めることは取り入れていきたい」「それなりにやっていると思った」「整理整頓などルールを決めて取り組まないといけないと理解した」などの声が聴かれました。経営改善をGAPの視点から考える良い機会となったようです。普及指導センターでは引き続き関係機関と協力して、経営継承、法人化、雇用型経営支援等多様な経営改善に向けた取り組みを行っていきます。

講演される飯干氏意見交換の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。