ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 消費者との信頼関係強化に向けて、JAむなかた柑橘部会が産地見学会を実施しました

本文

消費者との信頼関係強化に向けて、JAむなかた柑橘部会が産地見学会を実施しました

更新日:2019年10月1日更新 印刷

JAむなかた柑橘部会(部会長 綱脇正幸氏、会員41名)は、9月25日水曜日に県内の生活協同組合の産地見学研修を受け入れ、生活協同組合から販売を担当している職員8名が参加しました。温州ミカンの優良品種「早味かん(はやみかん)」の園地で綱脇部会長から、糖度が高いミカンを生産するためのシートマルチ栽培や、園地ごとの果実品質調査結果に基づいた食味重視の出荷など、美味しいミカンを消費者に届けるための産地の努力と、むなかたの独自ブランド「姫神(ひめのかみ)」について説明しました。

参加者からは、『「早味かん」は、ほんとに美味しい』、「自信を持ってしっかり売っていきます」などの声が聞かれ、部会長からは『「早味かん」の後も「北原早生」から中晩柑まで美味しいカンキツが沢山有るので、次は消費者にもぜひ来てもらって交流し、信頼関係をもっと強くしたい』と提案がありました。

普及指導センターは、これからも生産者と消費者の信頼強化に向け支援します。

早味かん(はやみかん)の園地を見学する参加者の写真です室内で参加者と意見交換している写真です

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。