ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > むなかた地域新規就農研修修了式を開催しました

本文

むなかた地域新規就農研修修了式を開催しました

更新日:2019年8月23日更新 印刷

むなかた地域新規就農研修修了式を開催しました

むなかた地域農業支援会議(構成:福津市、宗像市、両市農業委員会、JAむなかた、むなかた地域農業活性化機構、普及指導センター)では、地域の担い手育成を目的に、JAむなかた生産部会と連携した「むなかた地域新規就農研修」を行っています。

昨年度7月1日から1名の研修生がイチゴでの就農を目指し、専門研修を行っていました。今回、1年間の研修期間を終え、8月1日から、経営品目を「いちご」としていよいよ農業経営がスタートすることとなりました。

研修終了にあたり、研修先農家を始め関係機関の見守る中、7月31日に修了式が開催されました。研修生からは、研修期間中に研修だけでなく、施設の準備や農地の確保など多くの方に支援を受けたことに対するお礼と早期に農業経営が確立できるよう努力していくことが決意表明されました。

普及指導センターは、引き続き関係機関と連携し、新規就農者の早期経営確立のための支援を行います。

センター長の祝辞を受ける研修生イチゴの管理する研修生の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。