ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 花あふれるふくおかプロジェクト in 粕屋

本文

花あふれるふくおかプロジェクト in 粕屋

更新日:2020年6月25日更新 印刷

6月15日、JA粕屋草花部会は、粕屋地区で栽培された花で作成したフラワーアレンジメントを、管内全市町の役場窓口及びJAの全窓口、計42箇所に飾りました。

この取り組みは、県産花き消費促進事業を活用したもので、新型コロナウイルスの影響で、消費が低迷した花需要を喚起することを目的として行われました。

使用した花材は、全て粕屋産のダリア、ナルコユリ、カーネーション、トルコギキョウ、バラ、夕霧草であり、窓口からは、「粕屋地区でこんなにたくさんの花が栽培されているとは知らなかった!」「花があると窓口が華やかになる!」と言った意見が寄せられました。

 今後も普及指導センターは、関係機関と連携しながら、花き消費拡大や花農家の所得向上に向けた事業に積極的に取り組みます。

JA職員と生産者で配送準備
飾花時のオリジナルPOP

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。