ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 林業 > 森林環境税の活用 > 田川市立金川小学校に森林環境教育の講師を派遣しました
現在地 トップページ > 防災・くらし > 税金 > 森林環境税 > 田川市立金川小学校に森林環境教育の講師を派遣しました

本文

田川市立金川小学校に森林環境教育の講師を派遣しました

更新日:2018年9月4日更新 印刷

小学生に体験活動等を通じて森林のはたらきや大切さについて学んでもらうため、県では森林環境税を活用し、森林環境教育の講師を派遣しています。

今回は、田川市立金川小学校に森林インストラクターを派遣しました。

子どもたちが講師の説明を聞いている様子です。

1 日時

平成28年6月6日(月曜日) 

2 場所

田川市立金川小学校(田川市大字糒1771)

3 内容

金川小学校の4年生を対象に、校庭や近くの森で野外活動を行いました。

まず、講師が出すヒントで動物を当てるクイズをしたり、森に入る時の諸注意及び森林の働きについて説明を行いました。

その後、8つの班に分かれ、グループごとにインストラクターが付き、2班ずつ樹高測定、樹木解説、自然の中に隠れた人工物を探すゲームに取り組みました。

クイズで生徒と講師が打ち解けあったり、ゲームの中に、動物の特徴や食物連鎖の話などを交え、遊びながら学ぶことができました。

 

 

ゲームを通して、自然を感じ、自然について考え、植物の特徴や食物連鎖などについて学びました。

植物に触れて勉強している様子です。

当日は、途中、小雨が降りそうでしたが、子どもたちは楽しそうに参加してくれていました。

「また来てほしい」という声も聞かれました。

地中の虫について説明を受けている様子です。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。