ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・高齢者福祉 > 計画・高齢者人口・見守り施策等 > 「新型コロナウイルス」高齢者として気をつけたいポイント(日本老年医学会作成)
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型インフルエンザ情報 > 「新型コロナウイルス」高齢者として気をつけたいポイント(日本老年医学会作成)

本文

「新型コロナウイルス」高齢者として気をつけたいポイント(日本老年医学会作成)

更新日:2020年3月24日更新 印刷

 「新型コロナウイルス」に対して、高齢者として気をつけてほしいポイントが、一般社団法人日本老年医学会のホームページに掲載されました。

(以下は、一般社団法人日本老年医学会ホームページより抜粋)

 

 新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患がある方は重症化しやすいことが明らかになっています。
 自分自身を守るために手洗いを中心とする感染予防が必要です。
 また、人が多く集まる場所を避けることなどが言われており、家に閉じこもりがちになりますが、高齢者にとっては合わせて「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されます。

 「生活不活発」により、フレイル(虚弱)が進み、心身や脳の機能が低下していきます。
 動かない時間を減らし、自宅でもできるちょっとした運動でフレイルを予防しましょう。

 日本老年医学会では、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について一般向けにポイントをまとめました。ご覧いただき、フレイルを予防し、抵抗力を下げないようにしましょう。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)