ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > ベテラン生産者から学ぶ若手勉強会を開催、北九州のいちご部会

本文

ベテラン生産者から学ぶ若手勉強会を開催、北九州のいちご部会

更新日:2019年11月18日更新 印刷

ベテラン生産者に学ぶ、北九州のいちご栽培

JA北九いちご部会、若手勉強会を開催

 

 JA北九いちご部会は10月9日に、若手生産者の知識・栽培技術向上のための勉強会を行いました。

今回の勉強会では、試行錯誤を繰り返しながら長年いちご栽培をしている小倉地区の生産者2名を視察しました。実用性を考えて自前で製作した栽培器具や、バーク堆肥やもみ殻などを用いた土づくりについて学びました。若手生産者たちは、いちご栽培の悩みを質問したり、ベテラン生産者の経験談をメモしていました。常に新たな技術を積極的に取り入れて栽培するベテラン生産者を見て、若手生産者たちは感心し、一層生産意欲が向上しました。

今後も普及指導センターは、いちご産地の栽培活性化のため、若手生産者の栽培技術向上を支援していきます。

あまおうのベテラン生産者の話に聞き入る若手生産者

培土を配合する過程の見学

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。