ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 有精卵の卵黄の濃さを味わってほしい

本文

有精卵の卵黄の濃さを味わってほしい

更新日:2020年12月11日更新 印刷
なかにし養鶏場の 有精卵ぷりん 
農場に隣接した直売所で販売中
有精卵の卵黄の濃さを味わってほしい なかにし養鶏場から 有精卵ぷりん 新発売 なかにし養鶏場は北九州市若松区安屋にある老舗養鶏場で、来年創業100周年を迎えます。当普及指導センターも支援するこの農場では、飼育環境や自家配合飼料にこだわった 平飼い有精卵 や、噛むほどに味わい深い 親鳥の肉 、その肉を使った炭火焼、ソーセージなどの加工品を、養鶏場併設の直売所の他、地元の直売所等で販売しています。 今回紹介するのは、創業100周年記念として、四代目中西祐太郎さんが考案する 有精卵ぷりん です。有精卵の卵黄、牛乳、砂糖のみを使用したこだわりの逸品で、卵黄1個分が入ったスタンダードな なめらかぷりん と、卵黄が2個分入った卵好きにはたまらない 濃厚ぷりん の2種類。TV番組等でも紹介された、絶品のたまご味です 下の写真は 濃厚ぷりん 。 この 有精卵ぷりん 、今はまだ生産量も少なく、農場横の直売所でしか買えません。 有精卵の卵黄の濃さを味わってほしい と中西さんも自信を持ってお勧めするこのプリン、卵好きには堪らない逸品です。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。