ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > ロボット芝刈機で果樹園の除草を無人化

本文

ロボット芝刈機で果樹園の除草を無人化

更新日:2021年1月7日更新 印刷
無人除草中のほ場
説明会の様子
ロボット芝刈機で果樹園の除草を無人化 スマート農業の実証試験を実施 遠賀郡岡垣町のいちじく農家において、スマート農業実証の一環でロボット芝刈機を利用した果樹園の除草試験を行いました。 今回の試験では、ハスクバーナ・ゼノア 株 製のロボット芝刈機 Automower430X を使用し、いちじくほ場15aのうち7aで1か月間無人除草が可能かについて試験しました。期間中の草丈を7cm程度で維持し、除草効果を確認することができましたが、ほ場内の障害物に引っ掛かったり、車輪に土が大量に付いたりして機械が停止することもあり、導入に向けた課題も発見することができました。 また、試験期間中には、管内の農家、農業高校の先生、JA職員等に説明会を行い、スマート農業へ興味を持つきっかけ作りができました。 普及指導センターは、スマート農業の導入および普及拡大に向け、関係機関と連携して支援を行っていきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。