ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 3年連続で麦多収を維持

本文

3年連続で麦多収を維持

更新日:2020年8月28日更新 印刷
麦収穫前講習会
過去2か年、天候条件にも恵まれ、管内の麦は多収でしたが、令和2年産も品質の高い麦の多収が期待される年になっています。 麦の播種は、昨年11月末までの適期に概ね終了しました。冬季に気温が高かったこともあり、生育が進み、出穂期は前年より4日程度早くなりました。収穫時期も早まると見込まれたことから、5月1日には収穫前講習会を行い、適期収穫や収穫管理のポイントを指導しました。大麦は前年より4日早く、5月11日から6月1日にかけて、小麦は5月29日から6月3日にかけて順調に収穫されました。一方で、冬季の降雨で管理作業が不十分なほ場、カラスムギ等の難防除雑草が多発したほ場も散見されるなど課題も残りました。 今後、JA全農ふくれん経由で、順次実需者などに販売される予定となっています。 普及指導センターは、今後とも麦の収量や品質向上につながるよう、播種前講習会や管理情報の提供などを行い支援していきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。