ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > さんさんクラブ北九州が視察研修を開催

本文

さんさんクラブ北九州が視察研修を開催

更新日:2019年11月25日更新 印刷

 北九州地域農業士・女性農村アドバイザー連絡協議会(通称:さんさんクラブ北九州)の視察研修が11月6日に開催されました。

 まず、朝倉市で農家レストラン「カフェ楓」を経営する稲葉悦子さんから、6次産業化の取組みについて説明していただきました。レストラン経営には、加工品開発や衛生管理だけでなく、経営管理、雇用管理やSNS等での情報発信などの取り組みが必要だということがわかり、参加者は大変参考になったと話していました。

 次に、福岡県農林業総合試験場では、県育成品種の現状やブランド品目の振興等の説明を受けた後、野菜部の試験ほ場で、イチゴ品種「あまおう」の開発とブランド化について説明していただきました。

 普及指導センターでは、今後もさんさんクラブの活動を通じて、6次産業化の取組み等の活動を支援します。

県農林業総合試験場での視察風景

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。