ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > JA北九イチゴ部会総会を開催

本文

JA北九イチゴ部会総会を開催

更新日:2020年8月28日更新 印刷
イチゴ部会総会の様子
令和2年7月31日に、JA北九イチゴ部会(生産者数19名、栽培面積約3.2ha)の総会が開催されました。総会は参加人数を減らし、全員がマスク着用・手指の消毒を行うなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止を徹底して開催されました。  令和元年度は、記録的な暖冬により年内から生育が前進化し、ハダニ類やアブラムシ類などの難防除害虫の発生が多かった年になりました。 しかし、生産者の適切な栽培管理と徹底した病害虫防除により、令和元年度の販売金額実績は、前年度を上回る1億1千万円を突破することができました。  総会では新規の部会員も紹介され、令和2年産に向けて気持ちを新たに、現在の育苗状況などを生産者同士で話し合う場面も見られました。 今後も普及指導センターは関係機関と連携し、現地を巡回して生産者と向き合いながら、イチゴの産地振興を支援していきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。